So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドン中心部に位置し立地条件は素晴らしいものの建物自体は低所得者用の公共住宅に充てられ [ロンドンでの日常]

あまり歓迎される場所とは言えなかった1960年代前半に建てられた
ブランズウィック公共住宅群は最近になって再開発プロジェクトで
ショッピングが楽しめるオシャレな複合開発地域に生まれ変わった。
生まれ変わったというより経済的問題により中断していた
パトリック・ホジキンソン教授による建物を含む一連の都市計画が
40年の時を経てようやく完成したと言える。
ちなみにニーブ・ブラウンによって1970年代後半に建てられた
アレクサンドラ・ロードも同じような階段状の未来的な建物で有名。



アレクサンドラ・ロード


ブランズウィック
今日の出来事
とても40年前の設計とは思えないモダンな建物に伝統と改革が同居するロンドンが現れている。
築100年以上の建物が歴並ぶ史の長いロンドンだけに都市計画も100年単位かどこかのんびりしている。


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 3

職員T

おぉ~、これはまた趣のある建物ですね。
純粋に歩いてみたい。
 
 
 
この連なった屋根の上を(笑)
by 職員T (2008-10-10 21:57) 

ayaamami

うわ~お洒落~♪
住宅でもいいですね^^
by ayaamami (2008-10-11 08:48) 

とらばろん

職員Tさんこんにちわ。(・ω・)ノ
隠しブロックが出てきたり、
ドカンみたいなところから入れたりできそうです。(;´Д)

ayaamamiさんこんにちわ。(・ω・)ノ
コンサバトリーがリゾート地みたいデス。
よーく見ると洗濯物が干されてたりするのすが。(゚д゚|||)
by とらばろん (2008-10-11 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。