So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドン郊外の、のどかなホップ農園で毎年開催される過激な展示会 [ロンドンのイベント]

ロンドン郊外、ケントで1982年から毎年開催されている
「戦争と平和の展示会」は世界最大の軍事車両の展示会で
一般人が持つ大戦当時から現代までの軍事車両が展示される。
飛行機や戦車まで歴然と農園に並ぶ姿は唖然とするのだけれど、
もっとも圧巻なのは第二次大戦を再現した模擬戦闘。
観客席からすぐの場所で軍人らによる本格的な演習が始まり、
空砲ながら戦車が火を噴く姿は戦争というものを直に感じさせる。



今日の出来事
「戦争と平和」といえばトルストイ。戦争と平和いうものを赤裸々に語るという意味ではこの展示会はトルストイに通じるものを感じるけれど、軍隊による勝利は真の勝利と呼べないという皮肉を感じるのはイギリスのブラックユーモアに慣れすぎた為か。。。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

職員T

へ~、またしても勉強になりました。
というのも、これは日本の感覚では良くわからないカタチの
「平和への願い」かな?と感じまして。
日本でやったなら叩かれそうな気がします。
 
それにしても「一般人が持つ」の部分に一瞬硬直してしまいました(笑)
by 職員T (2008-09-27 09:19) 

とらばろん

職員Tさんこんにちわ。
なんだかここでは平和は戦って勝ち取る正義みたいな感じです。
ヒーローとかある意味こっちが正論ですが負ければ悪。
勝たなければ言えない理屈なのがどうかと。

それで一般人の人もフツーに戦車とか買えたりします。
戦車でリムジン送迎サービスとかイギリスにはあるらしいですが、
乗り心地悪そうでだれが頼むのか不思議です。
展示会でも戦車とかに中古車のように2万ポンドとか
値札がついておりました。
by とらばろん (2008-09-28 01:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。